学資保険において子供が万が一のとき

20歳の人と60歳の人を比べるとどちらの人が長生きするかだと一目瞭然です。20歳の人になるでしょう。ですから生命保険などにおいても保険料で違いが出てくることになります。では、若ければ若いほどよいかですが、そうでもありません。子供の場合、全くリスクがないわけではありません。子供だからこそ弱い部分もあるのです。ナマのものを食べたときに大人はどうもないのに子供がお腹を壊すことはあります。免疫力などの違いがあるのでしょう。学資保険においては、こども保険とも言われ、子供が万が一のときに保障をしてくれると言われます。そういったことは考えたくはありませんが、そのときのショックは大きいものです。そのためにも何らかの形でそれが解消できる状態にしておきたいものです。支払額としては、払込保険料相当額になることが多くなっています。

学資保険で親に万が一のことがあるとき

有名人の中にも、小さい頃に親を失っている人がいます。もう一方の親に育てられたり、親戚などに世話になったりして成長されたそうです。両親の存在は大きいだけに、その人自身も大変な人生を歩んでこられたのだと思います。それが人生だと言われればしかたがないですが、親としては、万が一の事を少し考えておこうと思うものです。学資保険に関しては、親が被保険者となって加入するものと言われます。そのため、万が一のことがあったときに保険給付があるのです。どのような形で行われるかですが、それ以降の保険料の支払いがなくなる形になります。そして、満期ごとにそれぞれの給付が行われます。子供にしてみると、学校に行くための費用などは受けることができるのです。残った親は、生活費のみを工面すれば、学費に関しては保険で対応することができます。

学資保険では医療に関する保障はあるか

子供に関する医療費に関しては、ある程度保障されていると言われています。一応親の扶養に入って健康保険で3割負担になりますが、その3割に関しても免除されることがあります。これは、自治体によって異なるようです。小学校に上がるまで無料になるところもあれば、小学校卒業、中学校卒業までのところもあるようです。どこに住むかになるでしょう。住む所によっては、それなりに医療費がかかることがあります。学資保険では、商品によって子供の医療に関する保障をつけることができます。子供は病気はなりにくいでしょうが、けがをすることがあります。その時のために、少し入っておいても良いでしょう。高校に関しては各自治体に関してもさすがに保障対象にはなっていません。そのときにわざわざ加入するのも面倒ですから、こちらで対応するようにするのです。どこまで対象になるかは証書を見ておきます。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*