学資保険の加入の条件

学資保険の目的は、教育のための資金を積み立てることが目的であります。しかし、子供の条件によって、加入できないケースもあります。学資保険は、いわゆる生命保険としての機能も兼ね備えています。子供が保険に加入していた時に病気や怪我などの症状が出た場合にも、病気の治療費などを補填する役割があります。従って、保険に加入する前の審査があって、子供が持病を患っているなどの理由で、病院に通院中の場合は加入できない可能性もあるのです。従って、保険に契約する時は事前に健康に関する調書などにおいて、過去における疾病の状況の証拠となる証明書の持参が必要となります。健康の調書で病気に関する審査が行われて、加入の可否が決定されますが、病状の条件によっては、学資保険に加入できる保険会社と加入できない保険会社があるのが特徴です。

学資保険で兄弟がいる場合

子供が複数人いる場合があります。つまり、兄弟姉妹になります。年齢に違いがあるとしても、それらの子供を差別してはいけません。度の子も同じように育てる必要があります。一方の子には大学まで行かせるが、一方の子は中学卒業までとなると少し問題があるでしょう。もちろん子供が望む道に行かせることは大事です。そのための準備をしておきます。学資保険において、1番上の子が生まれたときに加入をしました。その後二人目の子供が生まれました。この時、加入させようと思ったのですが、別の会社のものがオトクそうだったので気になっていたのです。そちらの方が良いと思うようになりました。しかし、先の子が加入しているものを見ると、二人目の場合に割引になるとあります。これは見落としていました。それを考慮すると同じものに加入させたほうが得なことがわかりました。

学資保険において満期の繰り上げがあるか

大学受験に関する費用として、入学金や授業料があります。これは入学する直前などに収めるものになります。このあたりの時期に用意しておきます。では、それ以前にお金は必要ないかですが、必要になることがあります。それは、大学を受験するときの費用です。早ければ高校3年の秋ぐらいから推薦入試が始まります。1回に付数万円かかるのです。もし10校受けるとなると数十万円必要になります。そこまでいるとは知らなかったので、どうしようかと悩んでいました。学資保険の担当者に聞くと、繰り上げをして支給をすることが可能とのことです。急な出費でしたが助かりました。商品によっては、このようなことのために高校2年生ぐらいで支払いを開始することもあるようです。18歳になっている場合でも、繰り上げが出来る場合があるので、確認をします。繰り上げすると、支払額が下がります。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*