学資保険は何歳から加入できるか

大学生に行くのは高校を卒業していればだれでもいけます。18歳の人のこともあれば、定年退職をしてから行く人もいます。定年してから大学に行こうとする夢を持っている人もいるでしょう。ではそのために学資保険に加入することができるかです。学費のための保険と言われています。自分が将来利用するために入れるのかです。こちらについては、別名こども保険とも言われます。ですから、自分の教育のために使ったりすることはできません。加入の条件としては親の年齢もありますが、大事なのは子供の年齢になります。0歳から加入できるものが多いですが、出産前に加入できるものもあります。そして、この年齢制限があります。加入年齢に関しては、かなり低く設定されていることが多いです。7歳などに設定されていれば、それ以降の加入はできないようになっています。

学資保険では満期はいつになるか

定期保険においては、満期はそれぞれの保険期間が経過したときになります。10年満期になっているものは10年経つと期間が終了になります。終身に関しては、満期の考え方がありません。一生加入できることになります。満期が決まっているものに関しては、いつまで払い込むのか、その後どのように支払いが行われるかがあります。学資保険は、子供の学費のための保険になります。主には、子供が大学に進学するときの費用として利用することが多いようです。そのために、満期期間もそれに合わせて設定されていることがあります、子供が18歳のときに満期になるものから、22歳になるまでのものがあります。22歳までのものでも、保険金の給付は18歳から受けることができます。ですから、入学金であったり、授業料などの支払いに使うことができるようになっています。

学資保険で保険金の支給時期

子供の教育費用について、かかる時期といいますといつになるでしょうか。子供の教育内容によって異なってきそうです。大学まですべて公立で特に塾などに行かせるようなことがなければそれまではそれほど費用はかかりません。塾に行かせるならそのときに費用が必要です。私立の小学校や中学などに行かせるなら、その時にも費用がいります。学資保険において、保険金の支給時期が決められています。原則としては、高校を卒業した時、大学に入学するときに合わせて支給されることが多いです。それ以外にも給付時期を設けているものがあります。13歳や15歳など、私立中学や私立高校の入学に合わせえることがあります。途中で受けられる場合においては、それほど金額が大きくないことがあります。お祝い金のような給付になるからです。受けるほうも、後で多くもらったほうが得になります。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*